院内感染対策に細心の注意を払って通常診療を行っています。

(厚労省の指示に従い、標準予防策および

     状況に応じた感染経路別予防策を遵守しています。)

感染症は新型コロナウイルス感染症だけではありません。

現在、待合室や診療室に入る人数を調整しています。

場合によっては自家用車内でお待ち頂くこともあります。

診療内容を考慮し予約管理をより厳密にさせて頂きますので、

ご不便をおかけすることもありますが、ご協力ください。

※効果の疑わしい「次亜塩素酸水による空間除菌」なるものは当院では行いません。

​ また次亜塩素酸水による「うがい」もさまざまな理由から推奨していません。

​ 手指消毒にも次亜塩素酸水は用いません。理論的にもっとも確実な方法で行います。

★当院では(初診の患者さんについてはとくに)十分に時間をとって診察および説明を行いますので、時間に余裕を持って来院してください。

 

予約の患者さんが優先になりますが、緊急の場合には状況をみて対応します。

(必ずお電話ください。場合によってはその日のうちに時間を改めて来院頂くこともあります。)

1日でもはやく「治癒」を目指します。

これは医療の基本です。

1日でもはやく口腔内を「健康」な状態にするのです。

​様々な条件が許せば、気持ちとしては毎日でも通って、1日でもはやく終了させることです。

 

★ご不明な点はすべてご質問ください。

 何でも答えます。納得するまで説明します。

世間一般に歯科医院で行われているような常識的な説明は一切しません。

(その「世間の一般常識」が実は非常識であることもあり得るのです。)

医学的根拠に基づいて診療を行っていますので、「怪しい治療」や「その場しのぎ」の治療なども一切いたしません。

★当院は「医療機関」です。

医療機関は医療を提供するものです。

巷にみかける「笑顔・スマイル云々」とか「過剰なホスピタリティ」は追求していません。

その代わり、責任を持って診察します。

一般に歯科医院がおよそ医療機関と見られないような雰囲気を出しているのは、ひとえに医療観の問題です。

いわゆる「舌痛症」の診察も行います。

近ごろ、とくに相談が多いのが舌などの痛みについてです。

患者さんのなかには何年も痛みに悩んできた方も多数います。

総合病院など他の医療機関からの診察の依頼もありますので、決して諦めずに相談ください。

十分に時間を確保して診察しますので、診察希望の場合にはなるべく予約をお願いします。

院長    奈良 周彦 
    1982年  東京歯科大学 卒業
副院長 奈良 宏周
    2008年 東京歯科大学 卒業
​     2002年 秋田高校理数科 卒業
     近代口腔科学研究会 理事
     東京歯科大学 講師(非常勤)
     秋田県歯科医療専門学校 非常勤講師
​     由利本荘看護学校 非常勤講師
 
お問い合わせ
【お急ぎの場合はお電話ください】