診療台は3つ、仕切りがあり隣は見えません。

撮影したレントゲン写真はモニターに映して説明します。

デジタルエックス線撮影装置を採用しています。

​これにより被曝量は従来型よりも大幅に軽減されます。

使用するタービンは(当然ながら)使用後に滅菌し、患者さん毎に交換しています。

歯科医師が診療に集中できるよう、無駄を省いた設計になっています。